これで丸わかり!お葬式をするまでの流れ

>

大切な人とのより良い別れのために

病院で逝去された後の対応

病院で親しい人が亡くなられた際、一般的に必要な対応としては「葬儀社に連絡を取り、遺体の搬送をお願いする」ということが挙げられます。亡くなった場所を伝えて、専用の安置場所でご遺体を安置してもらうという流れになります。病院によっては、安置施設が院内に設けられている場合があるので、そのような場合にはそのまま病院での遺体の安置が可能です。

病院で亡くなられた場合には、死後に病院の看護師か提携している業者により「エンゼルケア」をしてもらうことができます。これは、ご遺体を清潔に保ち、メイクなどを施してきちんとした姿に整える専門的な処置です。

また、このような処置をしてもらってる間に、遺族側の対応としては、亡くなられた方の関係者に連絡をとると良いでしょう。

自宅で安置するという選択肢も

ご遺体の安置場所については、自宅葬を事前に予定されてる場合など、自宅での安置をするという選択肢もあります。その場合、葬儀社にその旨を伝えて、病院から安置施設ではなく自宅への搬送をお願いするという形になります。

ご遺体が自宅に到着した後の流れとしては、葬儀社のスタッフにより専門的な保存処置をしてもらうのが一般的です。また、ご遺体を北枕(頭を北側に向けて寝かせる形)で安置し、枕飾り(小さな机の上にローソク、お線香、花などをのせたもの)を用意してもらうのも、基本的に葬儀社のスタッフにお願いすればよいかと思われます。

なお、部屋の広さの関係で北枕が難しい場合や、枕飾りが必要ない、あるいは枕飾りの机にのせる物品の内容が一般的なスタイルと異なる場合など、いろいろな要望があるかもしれません。そうしたものも、遠慮なく葬儀社にお願いすれば大丈夫であるかと思います。


TOPへ戻る