これで丸わかり!お葬式をするまでの流れ

>

通夜とお葬式当日の流れ

通夜の流れ

通夜は、一般的に夕方6時ごろからスタートし、1時間ほどで終了するものが多いとされます。喪主や親族の方は先に会場入りして、準備をします。段取りを確認し、必要な物が揃っているかどうかなど、確認しましょう。

通夜開始の30分前には受付を開始し、喪主は参列者に挨拶をします。定刻になるとお坊さんも来られるかと思うので、通夜を開始し、お経を読んでもらいます。その後、喪主から始まり親族、一般参列者の順番で焼香を行います。

通夜終了後は、「通夜振る舞い」といって、故人を偲ぶ目的で食事会を開く場合もあります。この通夜振る舞いも終了して一般参列者が帰られた後、喪主と親族の方は葬儀社の担当者と打ち合わせをして、葬儀の段取りなどを確認し、その日は終了となります。

葬儀の流れ

葬儀当日は開式前に集まり、再び段取りの確認をします。用意ができたら、受付を開始し、定時になったら葬儀開始です。お坊さんに読経してもらった後、弔辞・弔電の奉読を行い、それから焼香の流れで進みます。

式が終わったら、棺に蓋をして、車で火葬場へと向かいます。火葬をする前に再びお別れの式を行い、その後火葬します。火葬終了後は「骨上げ」といって、故人の骨を拾って骨壷へと納める作業を行います。これで大体のことは完了となります。

さて、ここまでざっくりとではありますが、お葬式の基本的な流れについて書いてきましたが、いかがでしたでしょうか?もちろん、ここに書いたスタイルだけがすべてではありませんが、微力ながらも何かしら役立つ部分があればと願いながら、当記事を締め括らせていただきたいと思います。読んでくださった方々に心より感謝申し上げます。


TOPへ戻る